【営業ちゃんねる】コロナ世代の新入社員へ

今日のテーマ

コロナ世代の新入社員へ
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

入職しました。同じ会社の中にいます。だから信用に値します。信頼できますではありません。

営業ハックの笹田でございます。今日のテーマは新入社員がやってはいけない17のこと、について解説をしていきたいなと思います。幸い私は上司に恵まれて、ありがたいことに1年目から営業のトップになれたのですが、やさしい上司たちが私のためにいろいろ教えてくれました。諭してくれました。そのことを今日は解説をしていきたいと思いますので、新入社員の方、必見でございます。こちらを聞いていただいて、見ていただいてやってはいけないポイントをしっかりおさえていただければと思います。

こちらのチャンネルですが、私がこれまでやってきた営業経験12年、また営業で扱ってきた商材は200以上、また営業を支援してきた会社は150社を超えました。また営業パーソンの方からたくさんのご質問をいただいて、1000人以上の方にアドバイスしてきた内容について、ポイントをかいつまんでアドバイスさせていただいておりますのでぜひ参考にしていただければと思います。

感謝ができない

それでは早速中身に入っていきたいと思います。本日お伝えしたい、新入社員、。新人がやってはいけない17のポイントなのですが、まず1つ目です。感謝ができない、これは意外と多いんです。私が新入社員、新卒で入った会社はお礼は二度言え、ということをよく言われました。

どういうタイミングか、例えば飲みにつれていってもらいました、ご飯をごちそうになりましたというタイミングで当然そのときには「ごちそうさまでした。」「ありがとうございました」と言うと思います。翌日の朝も必ず言いなさいということですね。これは礼儀として、ということももちろん大事なんですが、感謝の言葉の習慣を持つというのはすごく重要なことです。今LINEでご相談いただいた、ご質問いただいた、アドバイスをさせていただいて、意外と多いのはちゃんとありがとうが言えない方。

もちろん私のアドバイスがちょっと足りなかった可能性もありますが、ですが、やってもらったことに対してちゃんとありがとうを言うというのは当たり前なんですよ。なんでしっかりと伝える癖というのを持っていただきたいと思います。

遅刻

では2つ目ですが遅刻です。遅刻はなぜだめなのか。営業においてにかかわらず、新入社員1年目の仕事は何か、お客様から信頼を勝ち得るだけではなくて、社内でもちゃんと信頼を勝ち得なければいけない、ということを、ここをわかっていない新入社員がすごく多いんですね。

入職しました、同じ会社の中にいます、だから信用に値します、信頼できます、ではありません。残念なことに。ちゃんとその場で結果を出す、やるべきことをしっかりやる、納期を守る、そういった当たり前のことの積み重ねをして、かつそういった姿を見られて、結果、こいつだったら大丈夫、と信頼が得られる。なので信頼を得ない行為の典型例として、遅刻です。なので時間を守る、遅刻をしないということはしっかり意識していただきたいなと思う、というのが2つ目でした。

相談をしない

続いて3つ目です。相談をしない、ということで、新入社員、仕事ができなくて残念ですが当たり前です。できなくて当たり前にもかかわらず、相談もせずに我流でやって質が悪い、スピードが遅い、成果物としてちゃんと完成しない、ということはよく起こります。

原因は簡単です。ちゃんと相談しないからですね。なので自分でやろうとしすぎなくていいんです。上司、先輩というのは仕事ができなくて当たり前という気持ちを持っているはずです。むしろ持っていない上司の方が問題ではあるのですが、相談をしてちゃんとやるべきことを明確にする。またこの方向性が間違っていないかを確認する、ちゃんといつまでにできるか報告する、そういった形でしっかりコミュニケーションをとってください。このコミュニケーションが足らないから社内でもトラブルになるので相談の癖付けはしっかり持っていただきたいと思います。

同じことを繰り返す、同じミスを繰り返す

4つ目です。同じことを繰り返す、同じミスを繰り返す。この同じミスを繰り返すの典型的なものはメモを取らない、があります。同じことを聞いたり同じ失敗を繰り返す人がいる、そこで反省や改善であったり、もらったアドバイスを自分に落とし込む作業をしていないんですね。なので結果として同じミスを繰り返してしまう、そうやって信頼をなくしてしまう。

不機嫌

そして5つ目です。気分の問題なのですが、不機嫌。不機嫌な人に声を掛けますかっていうお話です。うちの上司は全然声をかけてくれなくてさ、うちの先輩全然アドバイスくれないんだよね、あなたに原因があります。声をかけやすい雰囲気を作ってないからです。なので声をかけやすい雰囲気に、まず何ができるのか、機嫌よくいるということで、ちゃんと挨拶をするとか、笑顔でいるとか、明るくふるまうとか、本当にそれだけですよ。なので不機嫌ではなくて機嫌よくいる。

態度が悪い

そして続いてですが態度が悪い、何か。これはさっきの話と似ていますが、何かアドバイスをもらったときに、ああ、わかりました。がんばります。わかりました・・・こんなことをやっていないですかね。

残念なことに私は昔こんなことをしてしまっていたんですね。尊敬できる先輩のときは、「勉強になります。」ちょっと嫌いな先輩には、仕事してないなと先輩から言われれば「(うなずき)ありがとうございます。」みたいなことをやっていたんですね。昔やってしまったんですよ、若気の至りですね。

なので皆さんはやらないでくださいね、ということで態度をよく、声をかけてもらえない新入社員は仕事が増えないんですよ。また大きな仕事が取れません。結構営業でも新入社員でハイパフォーマーですとかトップの仕事だします、成果出しました、というと結構自分で案件を取ってきました、もちろんありますが、やっぱり社内ですでにお付き合いのあるお客さんをしっかり引き継いでそこで成果を出すということも大事な仕事なわけですね。

なのでそういった社内でも声を掛けられる存在になるためにも不機嫌ではなく、態度も悪くなく、ちゃんとコミュニケーションをとるということです。こういう話をすると、いや、自分があるんで、とか私はこういう性格なんで、なんていう人がいるんですが、声をかけられやすい自分でいて、ということだけです。なのでブラック企業だから、云々ではありません。声をかけられやすい自分でいるという当たり前のコミュニケーションをちゃんとしましょうということです。

気分屋

この当たり前のコミュニケーションがちゃんとできないもう1つの例というのはは気分屋です。本当に自分の機嫌のよいときは頑張る、気分がいいときに一生懸命やる、気分が悪かったり、体調がちょっとすぐれないときは仕事をしない、となってしまうので、ちゃんと気分ではなくて、目標をもってしっかりやるべきことはやり切りましょうねということで、7つ目、気分屋ではいけない、というところを挙げさせてもらいました。

納期を守らない

8つ目は納期を守らない、信頼の積み重ねが新入社員の最初の仕事というお話をしました。しました。遅刻をする、納期を守らない、同じくです。時間を守るはビジネスパーソンの仕事の上で必須ですので、しっかり守っていただきたいなと思います。

敬意がない

では続いて敬意がない。さっきの話の変形です。しっかりと相手に対して敬意を伝えてください。ということです。

返事をしない、返事が遅い

10個目です。返事をしない、返事が遅い、お前、それがわかったか?は、はい。最低です。ちゃんと返事をしてください。「はい、わかりました。」わからなければ「わかりません。どういうことですか?」ちゃんと聞く癖をつけましょうねということですね。返事が遅いのはNGです。コミュニケーションを円滑に進めていくにあたって意識してほしいことはテンポです。テンポは何か、言われたらすぐに反応するということを意識いただきたいなと思います。

言い訳が多い

11個目は言い訳が多い、失敗はつきものです。間違いはつきものなのですが、それを言い訳にしてごまかそうとするのはそれは最低です。結局なおらないんです。どうアドバイスすればいいかわからなくなってしまうので、言い訳しないをしっかり意識してほしいなと思います。

屁理屈

12個目は屁理屈です。言い訳とちょっと似ているのですが、やらない理由を並べたりとか、やるべきことをやる、こういうことをしなさい、こうやった方がいいよというアドバイスを受けて、本当にやる意味あるんですか?今どきそういう時代じゃないです。そんな屁理屈並べてではないですけど、先輩たちは新入社員よりも長くその仕事を経験しています。なので経験や慣れというのは持っているはずなんです。

もちろん若手だからこそ持っている斬新なアイデアとか柔らかい頭を使ってアドバイスできれば、考えられることはたくさんあるのですが、まず仕事をやってきた先輩には敬意をもって屁理屈を並べる前にまずはしっかり聞きましょうということです。ダメな新入社員は仕事がもらえない新入社員の方はちゃんと先輩、上司の話を聞いていないだけなんです。まずちゃんと聞くところから始めてほしいなと思います。

愚痴、陰口、悪口

13個目は口は禍の元です。愚痴、陰口、悪口はやめてください。ということでした。

姿勢が悪い

14個目、これは姿勢なのですが姿勢が悪い。ずっと下を向いている人に声はかけづらいです。前言ったように自信がないとイメージされますので、自信もない、話しかけやすい雰囲気もない、そんな人に仕事は舞い込んできませんので、仕事が来る=声がかけやすい、なので姿勢よく背筋を伸ばしてちゃんと話しましょう。

表情、雰囲気が暗い

15個目、表情、雰囲気が暗い。暗い人には声をかけたくないですね。ということで同じです。明るく笑顔でいましょうということでした。

清潔感がない

16個目は清潔感がないということで身だしなみです。身だしなみはちゃんと整えましょう。これはお客さんのところに行くときも同じなのですが社内でも同じくです。打ち合わせがないからもう楽な格好でいいや、頭を洗わなくてもいいや、においが出ていると完全にNGです。清潔感は常に保つということを意識してください。

清潔感がない

そして最後17個目がリアクションが薄い、もしくはないということで、声をかけて、反応しない奴に誰も声をかけたくないです。アドバイスしたくないですよ。なのでしっかりリアクションを取っていただきたいなということで挙げさせてもらいました。

ということで新入社員がやってはいけない17のこと、こちらにまとめさせていただいたのですがどれも難しいことは1個もないんですよ。ただ1個1個おろそかにしてしまうために社内からの信頼が得られなくなってしまうという方が非常に多いです。なのでぜひこの1個、1個をしっかり意識していただいて円滑なかつ相手が話をしていて気持ちがいいコミュニケーションを意識してほしいなと思います。

社内だろうが社外だろうが同じくです。もっと言ってしまえば社内でできないことが社外でできるはずがありませんので、しっかりと相手が声をかけやすい、また話していて気分が良い、そんなコミュニケーションを意識していただいて、社内で信頼を勝ち得ていただきたいなと思います。新人の方、ぜひ昔の私みたいにならないでいただきたい、ということでこちらを解説させていただきました。参考にしていただいて、ぜひ営業の、ビジネスの進め方をしていただけたらと思います。本日は以上です。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう