【営業ちゃんねる】人材営業を成功させるたった1つのコツ

今日のテーマ

人材営業を成功させるたった1つのコツ
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

今日は人材営業を成功させるたった一つのコツということをテーマにお伝えしていこうと思っております。

人材営業と言うといろいろな定義があるのですが、今回は採用系ですね。派遣の営業だったり紹介の営業であったり新卒イベントであったりとか、そういった人材を紹介する商材について解説をしていきたいと思うのですが、人材営業において一番大切なポイントはタイミングをいかに逃さないか、本当にここにつきます。

人材営業の最重要ポイントはタイミングを逃さないこと

特に派遣ですとかアルバイト、パート、非正規になっていけばいくほどその傾向は強くて、なんでかっていうと非正規雇用というのは比較的契約は、正社員と比べたときに軽いんです。なので契約が切りやすいということは、一方で簡単にやめやすい契約だということが、ここがすごく重要なポイントです。なので、人の出入り、入れ替わりが激しい傾向が強いということです。こういったジャンルの商材でいくと、要は人が=人材業界でいけば商材になるので、人の入れ替わりが激しい、商材の入れ替わりが激しいということは、営業チャンスが非常に多いということです。

これが年間数億円とかかかる商材で、1回受注に入っちゃうと1年間のプロジェクトです、5年間のプロジェクトです、みたいな商材でいくと、なかなかそのタイミング、切り替えるタイミングというのは少ないのですが、人材営業のすごく大きなポイントが、人の入れ替わり、商材の入れ替わりが非常に激しいということです。その激しいタイミングを、いかに逃さないようにするかというのが人材営業で成功できるか否かの大事なポイントになる。

タイミングを逃さないコツはお客様に声をかけてもらうこと

この逃さないようにするためには一番何が重要かなのですが、お客さんから声をかけてもらうことが一番重要ということです。

アプローチ回数を増やしタイミング受注を減らす

なのでそのタイミングを逃さないために定期的にコミュニケーションを重ねていくことがもちろん大事で、訪問したタイミングで、ちょうど人がやめちゃってさあ、と言ってもらえる状況を作っていくのももちろん大事ですし、お客さんの方から実は今日ちょうど人がやめちゃってさあ、一回うちに来てくれる?みたいな風に声をかけてもらえるような状況、環境を作っておく、ということが重要になるということです。

とにかく人材営業というのはタイミング勝負です。人が充足しているタイミングではニーズは絶対に生まれないのですが、人がいなくなるタイミング、チャンスというのが多いのがこの人材業界の特徴ということです。なのでお客さんが困るタイミング、困りそうなタイミングというのは事前で予測したり、お客さんに声をかけてもらうために定期的に情報提供したりとか、そういったアプローチを重ねることによってお客さんとの関係構築、お客さんからの発注がかかりやすくなる、そういう状況が作れますので、ぜひタイミングを逃さないようにする工夫というのを意識いただきたいなというところが今日お伝えしたいところでございました。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう