【営業ちゃんねる】アンケート回答率を上げて、営業につなげる3つのコツ

今日のテーマ

アンケート回答率を上げて、営業につなげる3つのコツ
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

今日はアンケートの回答率を上げる方法ということでツイッターでご相談をいただいたのでお答えをしていこうと思います。営業活動をやっていく中で、アンケートという切り口で受注を取っていく、アプローチをとっている会社はいくつかあると思います。実は営業ハックもそういったアプローチというのをかけているところなんですが、アンケートの回答率を上げるために何ができるのかということを今日はお伝えしていこうと思います。

多くの人に答えてもらっている実績を示す

ポイントは4つ上げさせてもらっているのですが、1つ目がアンケートは多くの人に答えてもらっているんですというのは実績を示すというところがポイントの1つ目です。赤信号、みんなで渡れば怖くないじゃないですけど、要は自分だけ変に聞かれているんじゃないあという不安やストレスを感じている可能性があるので、多くの人に答えていただいているので今回ご協力をお願いします、みたいな形で安心感を与えましょうというのがポイントの1個目です。

その人にお願いした理由を伝える

ポイントの2個目が何であなたにお願いしたのか、理由を伝えましょうということです。なんで飛び込みでというかナンパみたいな形で目の前にいたから、みたいなことで、それでもいいんですよ。ちょっと目が合ったのでピンと来たので、みたいな形でなんでも理由があるかないかで承諾率は全然変わってくるというのは心理学でも証明されていることですので、ぜひ理由を持ってお願いしましょうというのがポイントの2つ目です。

メリットや特典押しではなく、「私のためにお願いします」と伝える

ポイントの3つ目が、要はこのアンケートに答えていただくとメリットや特典があるんですということを言ったとしても、そんなにいい特典じゃないよねとか、そんなに美味しくないよねみたいな話で思われてしまっては意味がないですので、であれば最初からこのアンケートなんですけれども私のノルマがあって私のためにご協力お願いできませんか、みたいな形で、私のためのというのを先に行ってしまったほうが相手も実は受け入れやすかったりしますよ、というのがポイントの3つ目でした。

けっこう営業をやっていると、メリットがないととか、しっかりメリットを伝えないとという風に思い込んでしまっているケースが多いんですけれども、意外と素直に私のためにお願いしますと言えば、アンケートだけではなく実は受注にもつながる営業トークになるので、ぜひ私のためにお願いしますと言うと、相手も人間なんで感情に訴えていただくのも方法としてはありですよということがポイントの3つ目でした。

アンケート回答後の営業内容についても先に伝える

最後ポイントの4つ目ですね、アンケート回答後の営業内容についてお伝えしておきましょう。要はお客さんがアンケートに答えてくれないのはアンケートに答えてしまうと変に個人情報を引っ張られる、抜かれてしまうとか、そのあと変な営業をかけてくるんでしょう?みたいな不安を持っている可能性が高いので、その先を事前に伝えてあげること、要は変な営業をしませんよ、とかこちらから連絡することは一切ありませんので、みたいな形で、要はその後のフローを先に伝えてあげることによって、その後の不安、将来の不安をなくしてあげることができる、そうすると答えやすくなるということが通りますので、ぜひ参考にしていただければというところでございました。

ということで、今日のポイントをまとめますと、ツイートでこんな形で投稿させていただいた通りでございます。多くの人に答えてもらっている実績を伝える、その人にお願いした理由を伝える、メリットや特典押しではなく自分のためにお願いしますと伝える、最後はアンケート回答後の営業内容、アプローチの関わり方についてお伝えをする、そういった形で相手の不安やストレスというのをなくしてあげる、安心感を与えてあげることによってアンケートの回答率は上がっていきますので、ぜひ参考にしていただければということでございました。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう