【営業ちゃんねる】笹田が使うクロージングトーク 

今日のテーマ

笹田が使うクロージングトーク 
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

今日お伝えしたいことはクロージングについてお伝えしていきたいと思います。クロージングについてというところで、けっこう悩んでいる方も多いんじゃないかと思いますので、今回のテーマはクロージングで花金ですがお届けしていきたいと思います。

クロージングでよく使っていたトークとは

早速ですが、私がクロージングの時にどういうことを言っていたか、というのをお伝えしたいと思うのですが、クロージングを私が良く使っていたトークでいくと、そのまま言います。「ぶっちゃけ担当の〇〇さんはどう思いますか?使ってもらう〇〇さんがいいねと思ってくれないと結局成果が出ないので、お話しください。ただネットを使ってくれた会社さんとか担当者さんは絶対に喜んでくれているので、絶対に後悔をさせないので、今率直に感想を教えてください。」と言っていました。

「えっ」と思わせる

これのポイントは3つあって、まず断っていいですよとというのを言っちゃうんです。そういうニュアンスの言葉を言っちゃいます。そうすると担当者さんがえっ?と思うんです。えっ?と思うと、どういうこと?と相手が話を聞くとかその場でしっかり考える姿勢ができるので、すごく有効なトークでした。そこで否定してもいいよというニュアンスの言葉をちゃんと言うことによって、担当者さんもそうなの?そうなんだという風に最後の言葉が響くんです。

鉄板トークを作っておく

全員喜んでくれているんで、絶対後悔させないんでとという言葉が、本当に私のことを考えてくれているんだなと伝わりやすくなるので、最後の言葉を言いたい前置きみたいなところでもあるのですが、この言葉を使っています。クロージングで一番大事なのは本音をちゃんと聞きだすことなので、上司がいたり家族がいたり確認しなきゃみたいなことは普通に起こります。なんですが、結局今目の前にいる人がいいなと思ってくれない限りは前には進まないので、本音を聞くためにさっきのようなトークをしていました。クロージングは最後に背中を押すことなのですが、相手の本音がわかっていないタイミングで背中を押そうとしても絶対クロージングになりません。まず本音を聞き出せるような営業鉄板トークを作っておくことが大事です。

「えっ」と思わせる

クロージングで私が大事にしていたところは、ポイントは4つあって、まずは鉄板トークを作っておくことです。鉄板トークを作っておくとそこのトークに話を持っていけるように会話を作っていける。営業の商談はそこまでスムーズな流れを作ることが出来るので、けっこう多くの営業の人たちがどう受注を取るかまでをゴールに考えがちなんですが、なかなかそこまでうまくいかないことが多いので、まずはこのクロージングトークをちゃんと言える流れを作るんだということを意識してもらうと、より良いのかなと思っております。

否定しても良いと”あえて”言う

そのうえで最後に本音を聞き出せるようにもちろんポジティブな内容で、本音で使いたいと思っていますという声を引き出せるように、あなたのことを思ってこういうことをやっていますと伝えられるといいかなと思います。なのでえっ?と思わせるような否定してもいいですよとあえて言うことによって、お客さん側も真剣に考えくれる可能性が高まるという感じです。ちょっとこの点を意識しながらクロージングアプローチをしていただきたいなと思っております。この動画がどんな感じにアップされるのか楽しみですがご覧いただければと思います。本日は以上です。クロージングについてお伝えしました。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう