【営業ちゃんねる】ご用件は?と言われても繋ぎたくなるテレアポ受付突破トーク

今日のテーマ

営業を苦しめるリストアップの正しい考え方と取り組み方
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

テレアポトークでご用件は?といわれたときの対処法、こちらについてお答えしようと思います。テレアポトークの内容を実際にいただいておりまして、いただいたトークが

〇〇の笹田でございます。お世話になっております。御社でお持ちのWebサイト~サイトのご担当の方がご在席でしょうか?

とお伝えして受付の方が出たときに、どんなご用件でしょうか?と言われたら、

ちょうどサイトを拝見しておりまして、売り上げアップの施策がございましたのでぜひご担当の方にお伝えしたいと思いご連絡いたしました。

テレアポはいかに相手の気持ちを乗せるかが大切

こんなトークはいかがでしょうか?と言う話なのですが、30,40点ぐらいですかね。たぶんこれだとちょっと動きづらいかな、受付の人はつなぎづらいかなと思います。というのは、まずテレアポで電話が来たときにまたこういう系の電話ね、みたいな形に思われる可能性が非常に高いです。このトークで行けば、せっかくサイトを見ているので拝見しましてと言っているなら、見ているわけなのに見ていることが全然伝わらないです。

営業でもテレアポでもどっちもそうですが、自分がやったことに関してはしっかりと価値がある動きをしているんだ、相手に興味がある動きをしているんだということを言葉にして伝えてあげないと、どんなに頑張って裏で調べても意味がありません。テレアポは特に見えないので、テレアポはいかに相手の気持ちを乗せるかということが大切です。

まず最初に相手を褒める

私だったら一番最初に「お世話になっております。御社でお持ちの〇〇サイトでご担当の方、お手すきでしょうか?というトークをするときに全力で褒めます。たとえば営業ハックの笹田と申します。お世話になっております。御社が運営されているサイトを拝見させていただいたのですが、めちゃめちゃいいと思ったのでちょっと担当者の方とお話しできればと思ってご連絡しました、的な形で、めちゃくちゃ良いというのはもちろんサイトを見てデザインがすごくいけてると思って、とかこのサイトは絶対コンバージョンが出ているんだろうなと思ってご連絡しちゃいました、みたいな形でいいところを見つけて褒めるんです。

そうやって褒められると当然相手も嫌な気持ちにならないので、用件は?と言っても比較的ポジティブに聞いてもらえる可能性が高いだろう、そのあとご用件は?と言われる可能性はあるのですが、その後のトークに今ほめたことが活きるんです。

「褒める=相手を理解している」ことを伝えた後に「ちょっとだけ弄りたいところがあって」と伝える

今のトークで行けば、売り上げアップ施策がございましたので、と言う話になってしまいますが、これだと営業かたぶん営業だなと思われちゃいます。まず私が最初に褒めるというのは相手がやっていることを理解したということを褒めるという言葉を通じて伝えているわけです。

そのトークの後にご用件は何ですか?と言うところから、先ほどお話しした通り、ちょうどサイトを拝見しておりまして、ここだけいじればもう少し売り上げアップにつながるのになあというポイントが、私はWebのコンサルをやらせてもらっているんですが気づいてしまいまして、せっかく良いサイトなので、少しご説明というかご提案できないかなと思ってご連絡させていただきました、とかです。こういった形で入ってもらったほうが相手側からしても、なんか0から提案されるみたいな話ではなく、今見てもらっているWebサイトのちょっと改善点を教えてもらえる電話なのかもしれない、というふうにアポ依頼や商談依頼、最終的にはそこが目指すところなのですが、ちょっとした改善提案を教えてくれるいい電話かもしれないな、と思いやすいです。

そうやって言われると相手からしても褒められているし嫌な気持ちもしない、かつちょっと改善するポイントがあるから教えてくれる人ととらえられてもらえればつないでもらえる確率も上がるということです。テレアポを受け継いだ人からもその内容だけ聞いて終わるという話し方もできるので、受付の人が担当の人に紹介依頼をしやすくなります。

あくまで受付の人をどう突破するかと言う話なので、受付の人の電話は、基本的にこの電話をつないだほうがいいかもしれないと思わせなければだめです。基本的にはテレアポの電話はつながない方が楽、なかったことにしたほうが受付の人からすれば楽なんです。なんでそんな電話をつないだんだよと言われたら面倒くさいので、だったら出て「すみません。さようなら。」でガチャっと切っちゃえば、それで終わりなので、あったかないかわからない状況のほうがいいわけです。

それでも担当者の人につないだほうがいい、責任者、上長につないだほうがいいな、伝えないと逆にもったいないかも、損をするかもと思わせるためには、ほめてからちょっとここだけいじったほうがいいですよというポイントを教えてあげるための電話なんだという風な形で入っていただくとアポ率が上がると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思っております。今日はご用件は?と言われた時のweb制作をやっている方からのテレアポトークを考えていきました。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう