【営業ちゃんねる】【テレアポ】伝えるべき2つのメッセージとNGトーク

今日のテーマ

【テレアポ】伝えるべき2つのメッセージとNGトーク
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

お客様の立場からすればうるせえな、この電話、いらねえよ、この電話と思っているのが前提です。その面倒くさいという気持ちを乗り越えなければアポイントにはなりません。

営業ハックの笹田でございます。今回のこのチャンネル、この動画は100個以上のスクリプトを見てきたわたくしが2つのNGトーク、禁止レベルです。伝えてはいけない、言ってはいけない2つのトークをご紹介させていただいて、じゃあ何を伝えればいいのか、2つのおすすめトークをご紹介していこうと思いますので、こちらのトークを駆使していただいて、アポ率をぐっと上げていただければと思っております。

こちらのチャンネルでは営業パーソンのお悩み解決に特化したチャンネルでございます。営業で何か悩んでいる方はぜひチャンネル登録をしていただいて、一緒に営業を楽しんでいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。また動画のはじめに、ぜひいいね、かBadボタンを押していただいて今回のこの内容、テーマというのが皆さんの営業の参考になるのか、ぜひ教えていただければと思います。今後の配信していく内容の参考にしていきたいと思いますので、ご協力いただければと思います。

テレアポで伝えるのは自分が会いたい気持ちと自分が会うべき理由

ではですね、本日のテーマ、テレアポのメッセージについて解説をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。ではまずなんですが、テレアポのメッセージ、皆さんは何を伝えていますでしょうか。また何を伝えようとしているかを考えてください。

私があなたに会いたいという気持ちを伝える

伝えなければいけないことは2つあります。1つ目は自分が会いたいという気持ちです。

ポイントは自分がです。私があなたに会いたいという気持ちを全力で伝えていますか、ということです。これは伝わっているかどうかが大事になりますので、言葉で言っているかどうか、だけではなくて身振り、手ぶり、電話なので顔は見えません。どういう手ぶり、身振りで話しているかどうかはわかりませんが気持ちは伝わります。なので気持ちです。あくまで気持ちが伝わる話し方を意識してほしいなと思っています。

なのでなぜこれを言わなければいけないのか、伝えなければいけないのか、面倒だという気持ちの払しょくです。テレアポというのは相手が待ち望んでいた電話ではありません。営業が営業のために、要は自分がアポイントが欲しいために、受注や売り上げ目標を達成するために、私に会ってくださいという電話です。なのでお客様の立場からすれば、うるせえな、この電話、いらねえよ、そんな電話と思っているのが前提です。なので面倒くさいわけです。その面倒くさいという気持ちを乗り越えなければアポイントには至りません。

なのでやらなければいけないことは面倒だという気持ちの払しょくです。それをするためにはまずは自分があなたに会いたいという熱量をいかに伝えるかが大事ということです。これがなければアポイントにはなりませんので、いかに良い話をするか、いかに論理的な話をするか、正論を振りかざすか、ではないということですね。やるべきことは自分の会いたいという気持ち、熱量を訴えかける、これがまず一番大事ということです。

自分に会うべき理由を伝える

そして2つ目です。2つ目が自分に会うべき理由、ここで初めてロジックです。最初は感情、気持ちを伝えます。その後にロジック、理由を伝えましょう。ただ割合としては9:1もしくは8:2です。

気持ちの方が大事です。なぜかと言えばいきなりかかってきた電話で、相手がいきなり論理的に正しい判断ができるか、できません。なぜか、論理的に考えるつもりがないからです。というよりも、テレアポの電話がかかってきた瞬間に、早く切りたいんですけど、という気持ちが先にありますので、切りたいんです。感情的になっているはずです。感情的になっている相手に対して正論を振りかざして絶対にないわけです。やらないんですか?みたいなことを言われても、うるせえな、お前はとなるのは、決まっているんですね。

なのでまず熱量をしっかり訴えかけましょう。それを踏まえたうえで自分に会うべき理由、これが要は相手にとってのメリットの獲得です。私に会うことによっての意味がある、メリットがあるということを伝えなければいけない、ということです。なので全力で私に会ってください、なぜならこういう理由です。この2つが言えているかどうかがすごく重要になります。

NGトーク 商品や会社の丁寧な説明

じゃあどんなトークをやってしまいがちなのか、NGトークを先に見ていきたいんですが、NGトークです。商品の丁寧な説明をしていませんか?会社の詳しい説明をしていませんか?共通するのは説明です。

要は話を聞く気がない相手に対して、一生懸命長い説明をすればするほどどうなるか?面倒くせえなあ、早く終わらないかな、この電話、となるのは必然です。なのでやらなければならないのは説明をしないということです。営業がやりがちな勘違いなんですけど、話せば話すほど、一生懸命説明すれば絶対に私の話に興味をもってくれるはずだ、私のことに興味をもってアポイントをくれるはずだ、勘違いです。

聞く気がない相手に対して一生懸命説明すればするほど、話が長くなればなるほど相手のモチベーションは落ちていきます。モチベーションが落ちれば落ちるほど、会う気持ちがなくなっていく、嫌われて終わりです。もう一度電話をかけてみました、もうあなたの会社の電話に出るなと上司に言われております、言われて終わりですので、テレアポでやってはいけないこと、説明です。

なので商品の丁寧な説明をしない、会社の詳しい説明をしません、というよりもいりません。不要です。なので簡単な説明を求められればすればOKなのですが、聞かれたらです。求められたらです。求められていないタイミングで説明するのはやめてくださいね。

おすすめトーク1 私にぜひ会ってください

じゃあ何を伝えなければいけないのか、おすすめのトークは2つです。これは必ず言ってください。私にぜひ会ってください、です。これがまずここの熱量のポイントですね。私に会ってください。お願いしますというこの言い切りをしているかどうかです。

テレアポのゴール、皆さんはどのように考えていらっしゃるでしょうか。単純です。テレフォンアポイントメントです。電話で私に会ポイントくださいがテレアポですので、ちゃんと私に会ってください、お願いしますを言ってください。良ければご説明に伺いましょうか、良ければ会いましょうか、良ければお伺いしましょうか、いいわけないんですよ。求められている電話ではないので、なのでよければではないです。

私があなたに会いたいのでぜひ会ってください、よろしくお願いいたします。来週月曜日もしくは火曜日の11時ごろご都合いかがでしょうか、という形で言い切るんです。会ってください、私にということです。これを言わない営業があまりにも多い。逆に言うと言わない営業が多いということはチャンスです。みんなが言っていないことをしっかり言い切れる営業はお客さんをファンにすることができますのでしっかりまずこれを言い切ってもらいたいなというのがポイントの1つ目です。

おすすめトーク2 絶対に損をさせません

そしてもう1つ、2つ目です。絶対に損をさせません。なぜならばということで、損をさせない、私に会うことによってもったいない、面倒だという気持ちが払しょくできます、忘れられますということで、ここで大事なポイントは言い切ってくださいということです。

自信をもって言えなければ、相手は自信をもって自分の決断をすることができません。なので営業がやらなければいけないことは、相手の代わりに決断をする、相手の代わりにリスクを背負う覚悟を示さなければいけない、なので会ってください。損はさせませんということを言い切らなければいけない、ただこれだけでは当然会うべき理由というのは伝わっていませんので、ちゃんと私があなたに会うことによって、あなたが私に会っていただくことによって、こんな意味があるんです、こんな効果があるんです、私はあなたにこんなことができるんです、ということを言わなければいけない。

なので私はあなたに損をさせることはありませんよ、ということを伝えていきましょうということですね。なのでぜひ営業で、テレアポで意識していただきたいことは相手の代わりに決断をする、要は覚悟を担うということです。なのでしっかりと言い切ってください。私に会ってください、絶対に損をさせませんので、なので来週この時間でお時間ください。よろしくお願いいたします、です。

やっちゃダメなことは丁寧な説明であり、かつ相手に判断をゆだねることで、ご都合はいかがでしょうか、会っていただけませんでしょうか、よろしければいかがでしょうか、相手に聞いてこれは親切心です。また自信のなさが表れている言葉です。しっかりとお客様の代わりに決断をしてください。あなたは私に会うべきだ、この決断を営業ができるのかどうか、またそれを伝えられるかどうかでアポ率はガラッと変わってきますので、ぜひしっかりと言い切って会いたいという気持ちをしっかりと理由をもって伝える、この2つを意識いただければと思います。

余談になりますが、理由をなぜ伝えるべきなのか、これはカチッサー効果という心理学で証明されています。心理学で理由があるかないか、その理由の有無で1.5倍の差がありました。理由の中身ではありません。理由があるかないかで、承諾率が1.5倍跳ね上がるという結果も出ておりますので、しっかりと理由をもって会いたい気持ちを伝えていただきたいと思います。

これでアポ率がガラッと変わります。上がります。ぜひたくさんのアポイントを獲得いただいて商談につなげていただければと思っております。ぜひ参考にしていただいて自分のトークを磨いていただければと思いますのでよろしくお願いいたします。ということで今日はテレアポのメッセージについて解説をさせていただきました。繰り返しです。しっかりと自分の会いたい気持ちを理由を持って伝える。そしてその伝える言葉は私に会ってください、絶対に損をさせません、この2つのトークを伝えていただいてアポイントを頑張っていただければと思います。応援しています。本日は以上です。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう