【営業ちゃんねる】コンプラ違反にならないけど、期待値を上げるテレアポトーク(金融版)

今日のテーマ

コンプラ違反にならないけど、期待値を上げるテレアポトーク(金融版)
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

コンプライアンス違反にならないためのテレアポトークということで、金融系の商材でのテレアポトークについてご相談をいただいたので、お答えしていきたいと思います。

良くテレアポトークの中で、絶対に損をさせないので私に会ってくださいというトークが相手にとっては絶対に気持ちが伝わりやすいトークとしてお伝えさせていただいていますが、金融系の商材はすごく扱いが難しいです。損をさせないとか絶対に得が出来ますとか、これだけのお金を得られますというところが規約法律上言えません。そういったときはどういうトークをすれば自分に会ってもらえる理由付けができるのかと言うところを悩んでいますとご相談いただいたのでお答えしようと思います。

提案とは具体的に相手が得られる変化の可能性をちゃんと示せているかどうか

コンプライアンス違反にならない程度で教えていただきたいということなのですが、どこまでの線引きにするか正直難しいです。一番のテレアポトーク、テレアポに限らず営業提案の理想、提案なので、自分に会ったほうがいいことがありますよと言う提案をしましょうという中で、提案と言うのは具体的に相手が得られる変化の可能性をちゃんと示せているかどうかです。絶対に損をさせないというのは基本的に言うことを言い切って、言うことがないから私に期待してくれというトークなので、テレアポの中で自分に会ってもらう理由をより相手がイメージしやすい具体的な変化みたいなところからお伝えしていけばいいです。

事例の中で条件の近いものを探して伝える

例えば事例です。これは確実にお約束できるわけではないですが、実際に私が担当させていただいているお客さんでこういう変化がありましたので、おそらく〇〇様も同じようなことが実現できることがあるんじゃないかと思いご連絡させていただきました、みたいな形で、今回今のトークで行けば、こうなれますよと言うトークではありません。事例の中でこういう実績があってこういうことがあったから、条件が近しい〇〇さんにも同じようなことが出来るんじゃないかとご提案です、ご相談です、ご連絡ですみたいな形になるので、可能性のイメージが持てるわけです。

なんでそういうことが起こったかと言うと、例えば定期預金が今満期になりました、満期のタイミングだから、年齢が60歳だから、性別が男性だからとかいろいろ条件があると思いますが、その条件をいろいろ示してあげたうえで、そこに当てはまるあなただから、私が担当させていただいていたお客様と同じようなことが起こるのではないか、起こせるんじゃないかと思ってのご連絡です。みたいな形だと、相手からしても絶対にできるわけじゃないけれど、もちろん期待しやすいですよね。

そういうことが起こるのだったら、それが得だねと思えるのであれば、会おうという話になるので、無理やりうそをついて会おうというわけではありません。自分が担当しているお客さんでいけば、過去の自分の中、商材の中で、事例を確認して、そこの条件に近い人にテレアポする、電話をする、みたいな形でアプローチを組み立てていただければ、アポ率は上がってくるんじゃないかと思います。

基本的にお客さんは損をしたくないです。損をさせないという気持ちを示しましょうというトークなのですが、それが言い切れない場合は、事例のイメージを持たせ伝えることによってアポ率は上がるんじゃないかというところが今日の解説でした。金融系はちょっとハードルが高かったり言いづらい、伝えきれない部分が出てきてしまうと思いますが、事例を使いながらトークを組み立てていただくと、どの商材に対してもアプローチしやすくなると思いますので、参考にしていただければ嬉しい限りです。今日は金融商材のテレアポトークについて解説させていただきました。

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう