【営業ちゃんねる】営業として成長速度が速い人の2つの特徴

今日のテーマ

営業として成長速度が速い人の2つの特徴
※こちらのページは上記Youtubeの内容を書き起こしています。

今日の講義はこちら

営業として成長速度が速い人はどんな人かをテーマにお伝えしていこうと思います。

行動量がちゃんと担保されている人

これは明確に2つあります。1つは行動量がちゃんと担保されている人です。

体育会型営業を別に推進したいわけではないので、とにかく遅くまで残業して働きましょうというわけではもちろんないですが、やっぱりある程度の行動量を担保しておかないと改善が進みません。頑張っていますと言ったときにどれだけやったかは、やはり一定量の必要な母数があるので、動けない人は当然成果が出ませんし成長のスピードも遅いですよねというところはあまり声を大にして言いたくはないですが、これは事実ありますよねと言うのがまず1個です。

質問ができる人

もう1つが質問ができる人です。質問ができるということはすごく大事なスキルで、質問ができるということは課題や問題に気づけなければいけません。そこが合っている、合っていないではなく、まず課題や問題に対してアンテナが脹れているということがすごく大事で、その後の問題課題を認識したものの精度は別に後でもいいです。まずその課題問題を発見できる能力がすごく大事なことと、質問するというのはそれを言語化するしかないので、質問する人はその課題や問題に対して、自分に課題や問題があることを気づいていて、その課題や問題を言語化できる、かつそれを相談するコミュニケーション能力や積極性があるというところがすごく大事なポイントです。

営業を行うにあたって課題や問題に気づくために一定数の行動量が必要というところもありますし、その問題や課題を言語化してかつ誰かに伝えるだけの積極性、コミュニケーション能力を持つ、意欲やモチベーションがあるというところが営業として成長速度を上げていくために必須です。なので行動をしっかり担保しながら質問をできる人を確保することももちろん大事なのですが、質問するために問題、課題に気づいて、それを言語化して、それを相手に伝えて、さらにその相手からの回答を自分でまた行動に落とすということをやっていかないと結局成長していかないので、質問をするというアクションが組まれることによってPDCAのサイクルがぐるぐる回るようになります。

質問ができるようになるということは自分が営業としてだけではなくビジネス全般において同じことが言えるのですが、成長速度を上げるためにはすごく大事なことになります。今自分が営業をやっていて成長したい、もっと成果が出したいと思ったときは、まずは自分がもっと質問をするということを意識していただくと、より営業として成長できて、ビジネスとしても成果が出せるようになるし、そういうアンテナや感度を持っていると自分が営業職以外で自分が事業をやりたいとか副業をやりたい、ビジネスを自分で大きくさせていきたいといったときにも必ず活きてくるので、質問をする、質問を活かして行動する、2つのサイクルはグルグル回してPDCAのサイクルを高速で回していくということを意識していただくと、成長速度は確実に上がりますのでぜひ意識いただいてゴリゴリ成果を出していただきたいなと思っております。営業として成長が速い人をテーマにお答えさせていただきました。」

LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう
LINE登録はこちら
LINEで営業ノウハウを学ぼう